HTTPとCookie🍪の基本

やったこと

HTTP周りの調べ学習

Cookie🍪について

気づき、学び

HTTPの基本構文(とても重要)

下記の4つからなる

  1. ステータスライン

    • リクエスト(メソッド名 HTTP/バージョン)
    • レスポンス(HTTP/バージョン ステータス番号 補足メッセージ)
  2. ヘッダ(プロパティ名:値)

  3. 空行

  4. ボディ(POST等で送るパラメータの内容 、レスポンスで表示するHTML等)

参考 スクリーンショット 2018-07-18 23.04.05.png memo) htmlでtype属性が異なっていてもhttpリクエスト内ではその違いがなくなる

Cookieの仕組み🍪(上記2のヘッダを使う!)

サーバーからのレスポンスのヘッダにSet-Cookie: key=value ..という情報を載せる。 クライアント側のブラウザで受け取ったCookieを保存。 以降リクエスト時のヘッダに保存したCookieを載せるCookie: key=value .. 前回のやりとりの状態を保ったレスポンスを受け取れる。

memo)Chromeはsqlite3 保存先/Users/me/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Cookies

所感

ぱっと見てもヘッダ情報が多いので、通信頻度が増えるとヘッダサイズの影響が与える通信負荷は看過出来ないと改めて思った。 IOTテキストをななめ読みしていた時にMQTTの項目でヘッダ縮小のメリットがより腹落ちできた。